水草の実験    カヤツリグサ科


ためしに山のスゲをメダカ水槽に入れてみました
なかなか調子良いです



スゲはホテイアオイと同じように
力強く水槽の水を浄化します


さらにホテイアオイと違って
冬もがんばっています

屋外  
3月 餅つき石臼

ヒゲスゲ?
採集場所:渓流の岸辺

このところ暖冬のせいか冬も葉っぱがきれいです

土は入れていません
水は交換せず減った分を追加するだけです

 

屋内  
2月 リビングの窓辺

ナルコスゲ
採集場所:渓流の岸辺

水路メダカの稚魚
・スゲは園芸用の針金で水槽 のふちに引っ掛けています
・底には桜の落ち葉をたくさ ん入れました 
 メダカの越冬用です
3月 サンルーム

ヒゲスゲ?
底に黒土が入っています

メダカの親子 チビヤゴ少々
越冬オタマジャクシ

手前のホテイアオイは溶ける寸前ですがスゲは元気に
越冬しました
この水槽ではしゃれた
コケも青々しています 
これは水中苔実験のきっかけになりました(^-^)

↑どの水槽にも水中酸素のためにアナカリスを入れています



屋外 早春  餅つき石臼

ヒゲスゲ?

雪が降っていますが平気です

春さき新しい葉が伸びる前に古い葉を剪定しておきました

栽培のコツ
シーズン中も時々古い葉をとってやると気持ちよく鑑賞できます

↑まだメダカは入っていません





屋内 サンルーム(無加温)

根っこは洗って土なしの状態です 


ナルコスゲ
春さきに出る穂は野趣があってステキですよ


 

スゲはしっかりした根っこをたくさん出して
栄養を吸い上げます

根っこの細かいすきまはバクテリアの住処になり
メダカが産卵する場所になります



ヒゲスゲ
伸びすぎた根っこは好みで剪定してください
丈夫ですから大胆に切り戻しても平気です




屋外

つくばいのナルコスゲに花がつきました

4月になるとヒゲスゲも咲き始めます
  
ためしに山の細いスゲを使ってみましたが丈夫です
根っこをサッと洗って鉢なしで沈めました


向こう側と手前と2箇所

 



自生地スゲ

水しぶきを浴びているナルコスゲ

山のナルコスゲ

山の細いスゲ(ヒカゲスゲ?)   



おことわり
スゲの種類はよく似ているので名前には自信がありません^^;